Q卜部

ポケモンカード旧裏 研究と備忘録

杉並旧裏オフ(2019/11/2)

1.杉並旧裏オフ対戦レポート

 

708さん主催の11/2(土)開催の杉並旧裏オフに参加しました。
http://000708.blog.fc2.com/blog-entry-182.html

大会参加者はなんと23人。初参加の方や関西から多数、また東北から遠征してきた方もおり、大会への熱量はいつもに増して高いです。

 

持ち寄りの景品、どれも魅力的なスリーブを中心にプレマ、デッキケース、バインダー、海外カード、コイン、そしてたいぶマニアックな逸品や関西限定の飲食物など豪華かつカオス!

 

f:id:decape:20191111004843j:plain

 

今回自分が使ったデッキは、ハガネール(neo1)を要塞化して脳筋「テールクラッシュ」し、くすぐりにせキドの筋を狙うデッキです。

f:id:decape:20191111004915j:plain


使った理由をさらっと触れます。

杉並殿堂は旧裏時代を象徴とするデッキを活躍させたいというコンセプトの基に設定されているものです。
前回優勝したデッキで採用されていたくすぐりにせキドが与えた影響(サイド差あろうが盤面不利だろうが強制的にゲームを終わらせる)は大きく、
杉並殿堂のコンセプトにはマッチしないとものと思われるため、殿堂ポイント調整前に今回駆け込みで使ってみようというそんな理由です。

LOデッキについて、以前組んだ超エネルギーリムーブを「サイコリンク」(「ゴミあさり」+「エネルギーきゅうしゅう」)で使いまわし
相手に山を掘らせるというものを組んでおり、どのように相手の山を掘らせるかというところが設計の始まりと感じます。
今回のデッキは鋼エネ+ハガネール+ハイパーテクスチャの耐久型です。
ファンクラブポリゴンで相手アタッカーを草タイプにしたり、鋼*4ハガネール+癒し野原で耐久し、山を削っていくのが理想です。
殿堂の内訳は、ファンクラブポリゴン(★★★)、ハガネール(★)、鋼エネ(★*4)です。
ハガネール(neo1)は殿堂ポイント的に1枚しか入りませんが、要塞化はプロモのハガネールでも悪くはないのでこの枚数です。鋼4が大事。
あとは殿堂ポイントの面で突風が入れられませんが、たねアタッカーは場に出しずらい、進化アタッカーは未進化の状態で留める必要があるため、ワープポイントが効果的に使える場面はあるとみています。
高火力進化ポケモン(未進化色マーカー対策)、毒、闘抵抗前にイワーク呼び出し続けられるなど弱点は少なくないですが、かけこみくすぐりにせキドを楽しんでみます。

 

-------------------------------------------------------------------

本戦のレポートです。
※記憶で書いているため実際の内容と異なる記述があった場合ごめんなさい

 

■1回戦(Wたつまき[サカキのギャラドスキングドラ(neo3)]:よしのんさん) 0-3 負け
【初手場】
・自分(後攻):ポリゴン(シート青)
・相手(先行):サカキのコイキング

【流れ】
ワンキルの恐怖。初手祈る。お相手の「りゅうのきおく」、コインは裏。ゲームをさせてくれるようです。
サカキのギャラドスであれば鋼4単騎ハガネール用意すればあとは叩くだけかと準備するも、タッツーが見えます。
エコロジム展開しようとしても引けず、ニコたまグドラが早々に準備完了され、「たつまき」2オモテを出され鋼エネ*2がトラッシュに送られました。
ワープポイントで壁を出し、リサイクルで運よく鋼*2回収。あとはロケ参で見えたエコロジム回収を目論みます。
しかし展開時に出したせまいジム下でお相手のポケモンの笛にてポリゴンが呼ばれベンチが埋まり、「わるふざけ」回収が遠のきます。
ハガネール(neo1)で攻め続けるも、複数積みのポケモンセンターやスーパーポケモン回収できれいに捌かれサイドは引けず、
終盤やっと有利な盤面が作れるが、既に試合時間は終了間際。
エクストラターンで最後に来たくすぐりにせキドチャンスもコインが裏で失敗し、開始時のコイン運を回収。時間切れサイド差で負け。

-------------------------------------------------------------------

1回戦終了後、参加者全員のデッキ紹介が始まります。
人数が多いため紹介は短時間でありましたが興味深いカードがちらほら。
作成の思いの丈をじっくり見たいので皆さまブログやTwitterに披露お願い致します!

-------------------------------------------------------------------

■2回戦(ワニマイン:emptyさん) 1-5 負け
【初手場】
・自分(後攻):ププリン(neo2)
・相手(先行):ビリリダマ(シート赤)

【流れ】
初手イワーク(シート赤)の格好の相手でしたが後攻。
オーダイル…いくらフルメタハガネールが鉄壁とはいえ「ぎゃくりゅう」をそう何回も受けられる訳もなく、
草ワニを放置LOしようにも山回復されるし、トラッシュ交換でトラッシュ交換と夜廃全落ち祈る以外に手はあるかなと既に弱気。
1ターン目ワニノコから10点、2ターン目アリゲイツから20点きれいに貰いププリンきぜつ。
ハガネール(neo1)とポリゴン(プロモ)の準備をするため、イワーク(シート赤)に前に置き、
そして3ターン目から「ぎゃくりゅう」の猛攻が始まります。
イワーク、ポリゴン(ロケット団)と倒されたとこで、ポリゴン(プロモ)に2エネ、ハガネールに1鋼エネとまるで準備ができていない状況。
前のワニを草に変えた返しポリゴン(プロモ)が落され残りサイド2枚。
ワニ倒さないプランだと後1回「ハイパーテクスチャ」を打たないといけないので、ププリンとポリゴンを同時に出せる状態を作るまで、
ワープポイントで落とされる対象は出せないと考え、ハガネール単騎の場とします。
ハガネールには鋼2枚張っているので、一撃で倒すには130点必要。
「ぎゃくりゅう」で3枚水エネ使うので、デッキにが14~15枚の水エネが入っていたはずで一撃とはならない、と致命的判断ミスをしてました。
そうです。「ぎゃくりゅう」の水エネコストは「エネエネ」で軽減できるのです。
ロケ参で水エネが山に必要枚数あることを確認し、草ワニは水エネ3枚落として逃げ、ベンチのアリゲイツが前で進化、「エネエネ」と水エネで準備完了。
あとは山をすべて引ききってちょうど13枚水エネが見事に落ち、ハガネール一撃突破。完敗。

-------------------------------------------------------------------

■3回戦(エリウツ鋼ピジョット:ういさん) 0-4 負け
【初手場】
・自分(後攻):イワーク(シート赤)
・相手(先行):ポッポ(シート青)

【流れ】
LOデッキということで泥仕合待ったなしです。
早々にピジョットに鋼が3枚張られ、まともにダメが出せなくなったため、
お相手の「ハリケーン」がメリットになる、1エネ「メタルクラッシュ」連打を開始します。
エクストラターンでエリウツに後ろひっぱられ倒されるのが目に見えているため、
とにかく「メタルクラッシュ」連打。ピジョットを後ろに引かせて倒せる相手を出そうとします。
が、たまに出る20点はおうごんのみで無慈悲に流されます。
対してお相手はこちらのウツギ、くすぐりマシーン、にせオーキドはかせを「みやぶる」で山に戻し、
にせオーキドの発明でサイドに送るタイミングを見計らってきます。
しかし薄い山であるため、いずれかのキーカードを引くことができ、
そのおかげでウツギを使うことなく山回復をすることができ、逆にお相手は確実にウツギを消費していきます。
しかし無情にもエクストラターン突入。(結局おうごんのみ2枚目をはがせず攻撃終了)
「かおりのわな」成功からエリウツが前に立ち、コラッタきぜつ。
こちらの番、お相手の山は8枚。
くすぐりマシーン⇒にせキド⇒リサイクル*2⇒くすぐりマシーン⇒にせキドという蜘蛛の糸を登るような道しか残ってません。
1回名のくすぐりマシーン、裏、終了。
返しに突風からイワークが落され。サイド差で負け。


4回戦目は不戦勝。


ということで結果は21?22?位くらいでした。杉並2019 1.5回戦に続き全敗!
エネエネ以外でサイド一枚もとれなかったことに驚愕。
今回はデッキの考察が深堀できていなかったことがダメダメでした。
あとやはり体力大事。旧裏の民は体力をつけなくてはいけない。

戦績は散々ですが、様々な地域の人たちと旧裏話でわいわいやれる充足感で満たされました。
主催の708さん、今回もどうもありがとうございました!

 


2.採用カード一部集計

気になるカードの気まぐれ集計と殿堂割り振り、簡単な所感です。

■集計

f:id:decape:20191111005003j:plain

 

■殿堂内訳

f:id:decape:20191111005019j:plain

■所感

デッキ全量をざっと見てみるとエンカル、わるマタ、スライ、ニドリーナ、わるオニドリル、わるクロ(ゴル)入りストライクなど2ターン目から攻めていくデッキが多く見えます。
他にはわるラフ、プテラ、ベトンのロック、鋼エネ耐久LOもあるため、詰み要素をいかに減らして速攻に対応していくかが今回求められていました。
そういえば今回はグドラがいませんでしたね。

個別カードについて気になるところをつらつらと。


採用が減った気になるカード。
エイパム、速攻高火力が増えた影響ですね。
おうごんのみ、メイン1体を守るデッキは今回少ないよう見えます。
スタジアム、採用0がちらほら見えます。

 

採用が増えた気になるカード。
突風、メインアタッカーに殿堂がないデッキに2積みされているデッキがみられます。
リサイクル、LOデッキには確定、あとは細い有用トレーナーカードや特殊エネ積んでいるデッキには4枚採用されていることが多いように見えます。
エネルギーリムーブ、中打点や攻撃手段が止まる場面のあるデッキで採用されています。
育て屋さん、わるラフとオーキドない2進化LO、あとはバクフーン(neo1)入りデッキで採用されておりました。

 

個人的ピックアップするカードとしては、ポケモンギア。
前回優勝者のセキチクドンファン以降研究の進んだポケモンギアでしたが今回あまり採用されませんでした。
速攻が今回多いため使用者が少なかったと考えられますが、LOデッキでは自分以外入れられておりませんでした。
今回スタジアム回収の目的も込めて耐久デッキにて使ってみましたが、やはり使用タイミングが難しい印象を受け、使うデッキはかなり選ぶ一枚と感じました。

 

今回上位デッキを見ると、ストライクバット、わるラフ、エンカル、バクカルと周知されているアーキタイプであり、何か一周した感じがします。
旧裏の象徴的なデッキが見られることになり、杉並殿堂のコンセプトにあった結果になったとも思います。

今回も大変興味深い結果となりました。
また次回まで研鑽研究!

 

おしまい